• Facebook
  • Twitter

サステナビリティよりよい明日を創るために

ユニリーバのサステナビリティへの取り組み

ユニリーバは「環境負荷を減らし、社会に貢献しながらビジネスを成長させる」というビジョンを掲げ、暮らしの中でサステナビリティを“あたりまえ”にすることを目指しています。
2010年にはビジョンを実現するためのビジネスプランとして、「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」を導入しました。このプランは、原材料調達からご家庭での製品使用にいたるまでの製品ライフサイクル全体を視野に入れ、環境・社会・経済の分野で高い目標を掲げています。

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン

  • すこやかな暮らし

    2020年までに10億人以上がより衛生的・健康的な習慣を身につけられるよう支援します。

  • 環境負荷の軽減

    ビジネスを成長させながら、製品の製造・使用から生じる環境負荷を2030年までに半減させることを目指します。

  • 経済発展

    ビジネスを成長させながら、2020年までに数百万人の暮らしの向上を支援します。

ユニリーバ・ジャパン公式サイトへ


リプトンのサステナビリティへの取り組み

リプトンの目標は、未来にわたっておいしく高品質な紅茶を届け続けること。そのために、茶園の周辺の環境を守りながら、茶園で働く人々の生活水準の向上を支援しています。

2015年末までに世界中のリプトン ティーバッグで使用される茶葉を100%レインフォレスト・アライアンス認証茶園からの茶葉に切り替えました。世界最大の紅茶ブランドの大きな一歩です。

また、日本国内で使う電力を100%自然エネルギーにするといったユニリーバとしては世界初の取り組みのほか、新たな取り組みとして次世代を担う中高生を対象としたサステナビリティに関するワークショップも実施しています。